エンタメ

有安杏果(元ももクロ)の引退の真相がヤバい!アプリコットの登記で発覚【児島直樹】

Sponsored Link

元ももいろクローバーZの有安杏果が結婚前提の交際相手がいることをツイッターで発表しましたが、発表時点ではお相手の方は不明でした。

そしてこの度、フライデーに載ったこともあり、お相手が48歳のお医者さんの児島直樹と発覚しました。

そして個人事務所のアプリコットの登記を調べるととんでもない真相が明らかになりました。

2018年1月に普通の女の子に戻りたいという理由で引退宣言したのは嘘だったんですね。

ファンの皆さんは本当に残念がっていると思います。

有安杏果(元ももクロ)の事務所アプリコットの登記を調査した結果


アプリコットのことが気になって登記を調査した方がいらっしゃいます。

有安杏果が引退したのが2018年1月ですが、実は2017年3月に「芸能コンサルティング」という法人目的を追加していて、このときから独立の準備を進めていたことが分かります。

有安杏果の交際相手の医師は児島直樹と特定


児島直樹が院長をつとめる「あんずクリニック」ですが、有安杏果の「杏(あんず)」と共通していますね。

さらになんと薬局の名前も「クローバー薬局」というそうです。

児島直樹は元々ももいろクローバーZの有安杏果のファンだったのでしょうか?

いつから独立の準備を考えていたのでしょうか。

この話題、思っている以上に闇が深そうですね。

ももクロ脱退・芸能界引退の理由は嘘で休暇・結婚・独立準備が真相

元ももクロ有安杏果は芸能界引退時に「普通の女の子に戻りたい」という理由で引退しました。

ですが、その発言をする10ヶ月も前から独立の準備を進めていたことが発覚したのです。

1年経って芸能界復帰⇒個人事務所設立は引退する前からシナリオが用意されていたのです。

つまり、有安杏果の芸能界引退理由は「休暇・結婚・独立準備」だったのです。

これを知ったファンはどう思うのでしょうか。

少なくとも私がファンならガッカリしますし、復帰後に応援しようとは思わないですよね。

Sponsored Link